シニア層にも人気の高い上原ひろみ

 

シニアになって趣味を広げてみようと、ジャズを聴き始める人もいると思います。今日はスタッフもおすすめのジャズピアニスト「上原ひろみ」さんをご紹介したいと思います。

彼女は国内・国外でも人気のある実力派のアーティストですが、ジャズを聴きこんでいるシニア層にも人気のある女性です。

プロとして知られる上原ひろみは、日本の浜松で生まれたジャズの作曲家でありピアニストでもあります。
彼女は、彼女の功績的なテクニック、精力的なライブパフォーマンス、
ポストバップ・プログレッシブ・ロックなどの音楽ジャンルの融合で知られています。

5歳でクラシックピアノ、その後14歳でピアノの先生疋田範子によってジャズと出会い、
17歳のときに彼女は東京で偶然チック・コリアに会い、
彼のコンサートで彼と一緒に演奏するよう招待されました。

日産なのど日本の会社で数年間ジングル作家として働いた後、
彼女はマサチューセッツ州ボストンのバークリー音楽大学で学ぶために入学し、
デビュー以来卒業目前にジャズレーベルのテラークレコードと契約していました。

2003年にデビューして以来、
2009年8月8日に開催されたニューポートジャズフェスティバルや、
2010年4月13日にパリのパリオリンピアで演奏し、
2010年の夏にはスタンレークラークバンドのトリオヒロミトリオと共演しましたが
当初2004年にベーシストのミッチコーンとドラマーのデイブ・センゾで構成されていました。。

彼女は、仲間のBarclay同窓会のトニーグレーと
ドラマーのマーティン・ヴァリホラで。「VOICE」。
2012アルバム「MOVE」で特集されて以来レコーディングとツアーを続けています。
2006年10月19日には、ドラマーのサイモン・フィリップスと共に、
彼女の最新のツアーでアンソニー・ジャクソンとサイモン・フィリップスで「Hiromi’s Sonicbloom」という名義で活動。

トリオはルイビルケンタッキー州のジャズファクトリーでのパフォーマンスに
ギタリストのデビッドスキーを加え、
ここでまたバークレーでのスキーとの教育の約束のために
アルバムの「タイムコントロール」と「ビヨンド・スタンダード」で特集されます。

2010年に発表されたインタビューの中で、
ヒロミは2009年のツアー・インストゥルメントのためのソロ・ブルームに参加していました。
彼女はヤマハを演奏しています。