何を贈るのが最適?シニアも悩む「ホワイトデー」を徹底調査!

ハッピーシニアの皆さん、こんにちは。
今日は3月14日。
いわゆるホワイトデーですね。

売り場にはポツポツと若い男性や女性、シニアの男性や女性も見受けられるようになりました。

ホワイトデーはバレンタインデーにチョコレートなどの贈り物を女性からもらった男性が、
お返しにとキャンディやクッキー、マシュマロやチョコレートなどを女性へ贈る日とされています。

しかし、昨今の日本では「友チョコ」や「自分チョコ」が増えてきており、
「義理チョコ」などバレンタインデーの目的もが多様化してきているため、
ホワイトデーも友達や義理へのお返しのため贈られていることも多く、多様化が見られます。

しかもお返しの品によっては、こめられる意味が違ってくるとまでいわれています。
・キャラメル   安心する存在
・キャンディー   あなたが好き。
・クッキー   友達でいよう。
・ティラミス   励まして。
・バームクーヘン  幸せが続きますように。
・マカロン   特別な人・存在
・マシュマロ   あなたが嫌い。(現在では)
・マロングラッセ  永遠の愛を誓う

これを書いてる私自身は女性ですが、女友達へお返しの品はクッキーです。でも意味はあまり考えていません。
正直この文章を書きながら「ホワイトデーの品物で意味まであるなんて、めんどくさーい」となっているほどです。
この細やかさはおもてなし好きな日本の人々ならではなのかもしれませんね。
女子学生たちはこういうことで喜んだり泣いたりと一喜一憂しているのかもしれません。

ホワイトデーの贈り物の習慣は日本から発生していて、ほかには中国や台湾・韓国など東アジアの一部でも見受けられます。
欧米やアフリカなどよその国ではこのような習慣は見られません。

ホワイトデーのはじまり

ホワイトデーのはじまりについてはいろんな説があります。
実のところ、ホワイトデーが近くになるになると色んな企業等がそれぞれ「うちが元祖ホワイトデー」とアピールしているのです。
今日はその「元祖」の言い分に迫っていきましょう

不二家・エイワの「リターン・バレンタイン」

かわいいペコちゃん。そのほほ笑みの裏には何が。


2月14日のバレンタインデーがどんどん定着するようなると、お菓子業界で次は男性からお返しをする日を作ったらどうだろう、という考えが出されました。
お菓子業界ではこれを受けて昭和40年代以降、それぞれに独自の日にちを決めてクッキーやマシマロ、飴等を
「お返しの贈り物」として宣伝して売り出すようになりましが。
不二家もそこに乗り「リターン・バレンタイン」という呼び名で
バレンタインデーのお返し用お菓子の宣伝と販売をするようになりました。
更に1973年になると、エイワと手を結びして3月14日にマシュマロを販売するキャンペーンを始めました。
あのかわいらしいペコちゃんのほほ笑みにこんな隠された企業の企みがあったとは、ですね。

石村萬盛堂「僕のやさしさで包むよ」

「はじまりはわしじゃ!」と申しておりますね


「石村萬盛堂」という白いマシュマロで黄身餡をくるんだお菓子の「鶴乃子」で知られる福岡市の老舗菓子屋がありました。
そこの社長さんが少女雑誌をパラパラとめくっていたところ、
「バレンタインデーのチョコのお返しにマシュマロでもお返ししてくれるといいのに」
という内容の文章が載っているのを目にしたのです。
石村萬盛堂はそれをきっかけに発奮して、「バレンタインデーのお返しとしてマシュマロを贈る日」を創りました。
女性へお返し用のマシュマロ菓子として
「君からもらったチョコレートを僕の優しさ(マシュマロ)で包んでお返しするよ」
といったコンセプトで、黄身餡ではなくチョコをくるんだマシュマロを売り出したのです。
いわゆるこれが「マシュマロデー」です。
さらに「マシュマロデー」は百貨店岩田屋のアドバイスを受けて、
当時売り出すための大きなイベントが無かった3月14日に設定され、
1978年からキャンペーンが行われました。
その後、他の業界にもこのキャンペーンを広げるため、
1980年代に名前を「マシュマロデー」から「ホワイトデー」に変更しました。

全飴協「キャンディを贈る日に」

全飴協は「ホワイトデー公式サイト」と名乗っていますね

最後の説です。
全国飴菓子工業協同組合(全飴協)は、「キャンディを贈る日」として1978年にホワイトデーを制定し、
1980年からは三越・電通の協力もしてもらい、イベントやキャンペーンを開始しました。
ホワイトデーを3月14日に定めた理由は、バレンタインデーの起源からなっています。
269年の2月14日、ウァレンティヌス司祭は自由結婚の禁止政策に背いて結婚しようとした男女を救うため殉教しました
その1ヶ月後にあたる3月14日に、その2人が永遠の愛を誓い合ったと伝えられていること。
また、古事記や日本書紀で日本で初めて飴が作られたとされる日が
3月14日前後とされていることを理由として定めたとのことです。
ホワイトデーという名称は、「ホワイト」という英単語にシュガーやスイートといった解釈があり、
若い恋人たちの純愛や砂糖を想像させることから、というものから名づけられたそうです。

このように各企業や団体が
「ホワイトデーは俺が初めだ」
「いや、わしじゃ」
「いいや、おらだ」
と言い合ってるのが現在のホワイトデーの起源なのです。

ところで「バレンタインデー」は西ヨーロッパなどでもイベントとして続いています。
男性も女性も、花やケーキ、カードなど様々なプレゼントを、親しい人や恋人に贈る日となっています。
英国ではカードに、「From Your Valentine」だとか、「Be My Valentine.」と書いたりします。
しかし、西欧・米国では、日本や韓国のアジアの国のようなホワイトデーの習慣はありません。

こうして調べていくと、
ホワイトデーは聖なる恋人たちのイベントではなく、
どうやってお菓子やギフトを売りさばくのか、
という営利戦略のために作られた企業のための記念日だといわざるを得ませんね

でも、せっかくのバレンタインの対となるホワイトデーですから、
親しいひとの笑顔をみるためにのってみるのもいいのかもしれませんね。

手間はかかりますが「喜ばす」というのはお互いに気持ちのいいものですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です